ここはクソみたいなインターネッツですね

逆にクソじゃないインターネッツってどこ

ブログとリアルを繋げたら意外と反応があって面白かったよ、という話

f:id:teeeeeeemo:20171113040838p:plain

ブログは恥部、リアルでは晒せないことを赤裸々に語る場所だと思っていた。

僕はこのブログを含めた様々なSNSで十数年間、日記や記事を書き続けてきた。

決してプロブロガーになりたいだとかライターになりたいだとかではなく、誰かに聞かれたくないような愚痴や中々現実では語れないような穿った話を吐き出すために書いていたのだ。文章を書く、ということはいわば僕の「魂の捌け口」であった。

先日、協力してくれる方を募るような記事を書いた。

teeeeeeemo.hatenablog.com

この記事を書くまでは、僕はこのブログを完全にリアルと切り離していた。リアルに繋がりうるfacebook,twitter等で自分の書いた記事をシェアしたことは無く、前の会社の人に見られたら責められてもおかしくないような内容の記事もいくらか書いてきた。

しかし先述の記事については出来るだけ多くの人に見て頂き、協力してくださる方の目に留まりたいという意識からfacebook,twitterでシェアをすることを選んだ。

当初は。正直このブログのアクセスなんて大したこともないし現状ニートである自分のFacebooktwitterにシェアをしたところでどうにもならないだろうと軽く考えていた。

しかし結果は違った。

数社の方から「場所をお貸しできるかも知れません」というご連絡を頂き、「うちの内定者の研修として取り入れられるか聞いてみるよ」と仰ってくださる方も出てきた。

何より「内容と思いに共感した」というその方々からのお言葉に僕はひどく感動を覚えた。

中には過去の記事までご覧になってくださって、「エンジニア募集してるからそっちの線もお話してみたい」と仰ってくださる方もいた。

シェアして下さった方や、どんな人間かもよくわからない相手に対しお声をかけて下さった方には本当に感謝している。 僕は友達が少ない方だと思っていたし、影響力のないただの凡人だと今でも思っている。それでも、僕なりの思いや活動を公開することで善意を向けてくださる方がいた。なんて素晴らしい世界なんだろう。いくつか記事にも書いたけれども、僕は鬱病を患って(もう治った)辞職をしたニートだ。今まで、世界について決していい印象を持ったことはなかった。しかし今回の件で何かとても救われたような気持ちになった。

座間事件のこともあり、昨今ではSNSの危険性という論が飛び交っている。変なことを言うとすぐに炎上するし、僕はよく変なことを記事にしてしまうきらいがある。そんなわけで僕自身もネットでの自分と現実での自分を近づけることはなんとなく怖い事だと認識し避けてきた。今でもネットとリアルを繋げる事自体はオススメしない。しかしながら一方で、今回僕が得た経験はそのリスクを負ったが故に得られたものだと思う。

ネットって怖いし悪い人も多いけれど、いい人も一杯居て、知らない人に対してもあたたかい目を向けてくれる人はたくさんいるんだな。小中学校からネットリテラシーのようなものを学んできたけれど、今回の件で僕はようやくネットの「良い面」に気づくことができた。

アクションを起こしたい時、それを意志だけでも公表するということは非常に有意義な行為であると僕は知った。

というわけで、これからはfb,twitter共に書いた記事をシェアしていくことにしようと思う。

僕の日記の性質上賛否両論ある話を書いたりもするけれども、しかしそれを全て含めて僕という人間だということでもう開き直ってしまおうと考えている。

なので、今後も下世話な話やリアルな愚痴なんかもここで吐き出し続けていくぜ!という自分に対する宣言をしておきたい(シメられなくなって何が言いたいかよくわかんなくなってきた)

P.S. プログラミング講座に関する今後について

先ほどリンクを貼った記事の内容について、「考えが甘いと思う」というようなご指摘も何名かの方々から頂いた。

このプログラミング講座というものをどう発展させていくか、ということについて正直僕がまだ決めきれて居ないところもあり、頂いたご指摘については本当に正しいことを仰っていると僕も感じる。

しかし在職中にこのプロジェクトを始めた根底の部分は「困っている学生の一助になりたい」というものである。だからこそ彼らを食い物にするようなビジネスにしてしまうのは本意では無く、どう継続的な活動として成立させていくかという点について考えていかなければならないのが今一番大きな課題となっている。あるいは開催していく中で見えてくる「困っている人」の状況によりその在り方は変わっていくべきものなのかもしれない。

今回ご連絡いただいた方々やこれから関わらせていただく方々にもお話をさせて頂いて、じっくり考えていきたいと考えている。 現在も募集は続いておりますので、ぜひご興味ある方はご連絡いただければと存じます。

よろしくお願いいたします。